忍者ブログ
絵やゲームを中心に
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2話 新しい仲間

「ここがカイブ地方か・・・」
「長かった・・・」
「まさか2時間も鳥ポケモンになんてね・・・」
アポ、アエン、サトはそれぞれそう言った。
「このカイフ地方に博士の言っていたハーブルシティがあるんだな・・・」
「ここからハーブルシティまでいかなきゃいけないんだけど、ここは海だらけなんだよねぇ・・・」
ツップはそういう、すると
「でも俺は手持ちに波乗りを覚えてるポケモンなんていないぜ?」
「だからツップが悩んでるんだろ、俺はサメハダー、ツップはタマザラシがいるんだ、お前以外に悩むことは無い」
「だよなぁ・・・・・・?あれ?俺のルカリオ波乗り覚えてた気がするぜ?」
「ルカリオが波乗りを覚えるはずが無いだろう」
アエンは当然のことを言う
「いや、俺のルリオは何でもできる!行け!ルリ!」
アポはそういうとモンスターボールを投げた
「ルリ!波乗りだ!」
アポはそう叫んだ。
「アァオー!」
ルリはそう鳴き、波乗りをした
「「「おお!」」」
3人は当然に驚く。ルカリオは本来波乗りを覚えないのだ。
「これだったらカイブ地方も移動できるぞ!」
「よし、じゃあ行くか!」
「行け!ルリ!」
「頼むぞ!ジェッダ!」
「お願い!タッシー!」
3人はそれぞれルカリオ、サメハダー、タマザラシを繰り出し、ハーブルシティに向かっていった。

そのころ、同時刻
カイブ地方のハックタウン
一人の少年の前に敵と思われる5人の戦闘員が立っていた。
「く・・・5人で攻めてくるなんて・・・」
少年の名をクロ、アポの友達でなかなかの腕を持つ。
だが、そのクロでさえ、5人の前では歯が立たない。
「くそ・・・行け!ブラック!!」
そう言うと、クロはブラッキーを繰り出した。
戦闘員は無言でポケモンを繰り出す。パルシェン、ウインディ、ライチュウ、ウツボット、ゴローニャだ
ゴローニャは地割れをし、クロを囲ったウツボットはその穴の中に草のつるを入れ、それをライチュウはしびれさせ、ウインディは燃やし、パルシェンは凍らせた。まるでマニュアルでもあるかのようだ。
クロは追い込まれた。ポケモンを変えて技で足場を直すのも良いが、それをしたら最後、相手に倒されてしまうに決まっている。
その直後だった・・・
「ノック!マッドショット!」
「タッシー!水鉄砲!」
「ファッド!火炎放射!」
そう叫び、3匹のポケモンがそれぞれの技を繰り出した。
すると足場をふさいでいた物は全て消え、普通の地面にもどった。
すると、3人の人の影が現れた。
「おお!クロじゃないか!何をしてるんだ?こんなところで」
「誰だ、アポ」
アエンが問う
「こいつは俺の昔からの友達で、ポケモンバトルでもなかなかの腕を持つんだ。で、どうしてここにいるんだ?」
「どうしても何も、俺も博士に頼まれたんだよ、お前らを援助するようにな」
クロはそう答えたすると
「そんなことは後ででいいよ!とりあえずこいつらをどうするか考えないと」
サトはそういう
「こいつら、さっきから無口だぜ、もしかしたら洗脳かもしれないぞ」
クロはそういった
「だったら傷をつけたら後味がわりぃな・・・」
アポはそういう。
「心配すんな、ブラック!黒い眼差し!」
クロがそういうとブラッキーは黒い眼差しを繰り出した。
「さぁ今のうちに逃げよう!」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/12 果汁]
[12/09 あかみどり]
[06/30 sheik]
[06/27 ツップ]
[06/26 ツップ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
果汁
年齢:
21
HP:
性別:
男性
誕生日:
1996/06/05
職業:
小学生
趣味:
ゲーム、絵
自己紹介:
どうも~果汁です。
コメントがありましたらどうぞよろしくお願いします(何
コメントが来ないと寂しいですのでw
バーコード
ブログ内検索
カウンター
過酷人生ゲーム
BlogMusic
石垣崩しブログパーツ
忍者ブログ [PR]