忍者ブログ
絵やゲームを中心に
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3話 ヤヨイ

「ふう・・・なんとか逃げ切れた・・・」
「で、適当に走ってきたんだがここはどこなんだ?」
アポはそういう。
「ここは、カイブ地方の中でも結構な都会として有名なキョウトシティだよ」
サトはそう答える
「ん、じゃあとりあえずハーブルシティを目指すか。」
「よし、じゃあ・・・グエン!!頼んだ!」
アエンはグラエナを繰り出した。
「なんでグラエナなんて出すんだ?」
クロは聞く
「ふん、グラエナの上に乗って走ってもらえば普通に走るより速いだろ」
「た、確かに・・・」
「でもそれだったら俺だって!行け!サンダ!!」
するとクロはサンダースを繰り出した。
「よし、俺とクロは先にいって様子を見てくる!お前らは俺たちの連絡を待ちながら進むんだ!」
「りょ・・・りょーかい!」

10分後 アエンら一行
「ふう、10分ぐらいたったが以上は無いな・・・、とりあえずあいつらの所へもどるか・・・」
「そうだな・・・」
二人がそんな会話をしてるのも束の間、いきなりビームが襲ってきた。
二人はそれをなんとか回避して、戦闘態勢に入る。
「だ・・だれだ!」
「ふふふ・・・俺たちは星軍団の幹部、ヤヨイと、」
「俺はアスカだぁぁ!」
「くそ・・・」

そしてその10分後・・・
≪ボイスメール!ボイスメール!≫
「なんだ!?とりあえずでてみるぞ!」
アポはそういい、ボイスメールに出る、
「どうした!何か以上があったのか!?」
-・・・・・アポ・・-
「どうしたんだ!?おい!アエン?クロ?」
-敵・・・が・・・とりあえず・・・ここに来てくれ・・・-
するとアエンらの現在地が移し出された、最後の力を使い果たしたのかバタリと倒れる音がする。
そしたら声が変わった。
-ふふ、君たちがこいつらの仲間か・・・残念だがこいつらは倒させてもらったよ、こいつらの二の舞になりたくなければさっさと帰るんだね・・・-
「くそ・・・!おまえらぁぁ・・・・・・!」
-今から20分待ってあげるけど、それで来る様子がないのなら・・・こいつらは・・・どうなるかはわかるだろ…-
「てめぇら!ぜってぇそこでまってろよ!」

そして15分後・・・
「おい、アスカ、あいつら」
「ふふ、どうやら来たようだね・・・」
「お前ら・・・!どうなるかわかってんだろうな!」
「ならポケモンバトルで見せてくれ!お前の怒りをなぁ!」
「ああ、ダブルバトルでいいな・・・!」
「いいぞ・・・はっは!バトルスタートだ!」
・・・場には不穏な空気が立ち込める・・・
「行け!コッコ!」
「お願い!フワフワ!」
アポはキノガッサ、サトはフワライドを繰り出した。
それを見て、ヤヨイとアスカもそれぞれ叫んだ
「殺れ!ダーテング!」
「いくんだぁ!カイリキー!」
ヤヨイはダーテング、アスカはカイリキーを繰り出した。
最初に仕掛けたのはアポだった。
「コッコ、波導弾を2発!そしてサト!毒々をいろんな方向にぶちまけてくれ!」
「あ、フワフワ!毒々を!」
波導弾と毒々はダーテング、カイリキーともにあたり、もちろん毒々はコッコにもあたった。
だが、コッコはポイズンテールというで毒で回復する能力を持っている。
それを知らずにアスカは
「はん、あいつ自分の仲間に攻撃しやがったぜ!みろよヤヨイ!」
「・・・アスカ・・・あいつはきっとポイズンテールをもってるから毒状態で回復する能力をもってるからお構いなしに毒々をやったんだと思うぜ・・・」
「へ?」
「まぁいい・・・ダーテング、鎌居達だ・・・」
するとダーテングは技を貯めはじめた
「カイリキー!爆裂パンチ!」
カイリキーは懇親の力でパンチを仕掛けてきた、しかし
「よけろ!キノガッサ!」
爆裂パンチはいとも簡単によけられてしまった。
「そして・・・リーフパンチ!」
キノガッサはピントレンズの効果で急所を判断し狙ってパンチをうった。
するとパンチは見事急所に当たり、リーフパンチの効果で急所のところに後がついた。
「サト!あそこを狙え!」
「はい!フワライド!10万ボルト!」
そして10万ボルトも急所に当たり、カイリキーは倒れた。
「攻撃の特訓ばかりしてたんだろうけど、防御がなってないぜ・・・」
アポはかっこよく(?)そう決めた、だが次の瞬間、
「鎌居達!」
そう叫ぶのと一緒に鎌居達がコッコにあたった、
「くそ、不意打ちか・・・」
「油断してるのが悪い」
「・・・」
「コッコ!仕返しだ!ギガドレイン!」
「フワフワ!風起こし!」
見事にどちらの攻撃も命中し、効果が抜群なのが効いたか、ダーテングは倒れていった。
「ふふ、さすがにタッグバトルの天才、タッグバトルじゃ勝てっこ無いか・・・今日はこれくらいにしといてやる・・・」
「なんだと!逃げるのかよ!」
「ふふ、俺たちが今だしたポケモン、鎌居達と爆裂パンチしか出さなかったが、本気を出せば、一撃必殺のわざを心の目で絶対に当てさせることもできる。それに元気の塊は何個でも持ってるしな・・・それでもやるか・・・?」
「っく・・・」
「なぁに、今やらなくても安心しろ、お前たちのところには星軍団の戦闘員をたっぷり送ってやる。楽しみに待っておけ・・・」
するとヤヨイとアスカは一瞬のうちに消えていってしまった。
「おい!大丈夫だったか!?」
「うっ・・・いってぇ・・・がなんとか大丈夫だ・・・あいつらめ・・・」
「俺も大丈夫だ・・」
「よし、とりあえず次の町に向かうか・・・」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/12 果汁]
[12/09 あかみどり]
[06/30 sheik]
[06/27 ツップ]
[06/26 ツップ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
果汁
年齢:
21
HP:
性別:
男性
誕生日:
1996/06/05
職業:
小学生
趣味:
ゲーム、絵
自己紹介:
どうも~果汁です。
コメントがありましたらどうぞよろしくお願いします(何
コメントが来ないと寂しいですのでw
バーコード
ブログ内検索
カウンター
過酷人生ゲーム
BlogMusic
石垣崩しブログパーツ
忍者ブログ [PR]